fc2ブログ

Auckland Today

2023年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2024年1月19日の万歩計は

3055歩、

1月の総歩数86448歩、

Man wins fight with NZTA over ‘offensive’ licence plate with help from David Seymour, Simeon Brown
FireShot Capture 199
https://www.nzherald.co.nz/nz/politics/man-wins-fight-with-nzta-over-offensive-licence-plate-with-help-from-david-seymour-simeon-brown/MYBI6HV7AZAONF6H5KYM42SWKE/
An Auckland man has won his battle with the national transport agency to keep his personalised plates NUTSAX after authorities decided they must be forfeited after a complainant found them offensive.

Taylor Crawshaw’s fight to keep his plates, intended to raise awareness of testicular cancer, reached the highest levels of New Zealand Government with minister and future Deputy Prime Minister David Seymour urging Transport Minister Simeon Brown to intervene.

Crawshaw, a 20-year-old builder from Te Atatū, is glad the right decision was made and says the experience demonstrated how people should fight for what they believe in.

Seymour hails the backdown as a “victory for common sense” and jokes the matter adds to his reputation as a defender of “pricks everywhere” - a reference to former PM Jacinda Ardern’s 2022 insult which turned into a fundraiser to address prostate cancer.
NZHerald紙
オークランドの男性は、告訴人がNUTSAXを不快に感じたため当局が没収する必要があると決定した後、自分の個人用プレートNUTSAXを保持するための国家運輸局との闘いに勝利した。
精巣がんへの意識を高めることを目的としたテイラー・クロショーさんのプレート保持をめぐる闘いは、ニュージーランド政府の最高レベルにまで達し、大臣で将来の副首相となるデビッド・シーモアさんがシメオン・ブラウン運輸大臣に介入を要請した。
テ・アタトゥ出身の20歳の建設業者クロショーさんは、正しい決断が下されたことを嬉しく思っており、この経験は人々が自分の信じるもののためにどのように戦うべきかを示したと語った。
シーモアは撤回を「常識の勝利」と称賛し、この件で「どこでも刺す」擁護者としての評判がさらに高まるとジョークを飛ばす。これは前立腺がん対策のための募金活動となった2022年のジャシンダ・アーダーン元首相の侮辱に言及している。
Google Translate翻訳

コロナワクチン接種した昨日も今日もワインを飲んでいる


熱帯夜


明日も良い日でありますように!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
にほんブログ村

| 万歩計 | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT