fc2ブログ

Auckland Today

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Auckland、2023年7月6日8時の天気は

ScreenShot_20230726080313.png

Auckland、2023年7月6日8時の天気は雨

おはようございます
オークランドは雨の朝です

天気予報はにわか雨、朝のうち時に強く降り雷雨、雹が降るかも

Auckland TODAY
showers_20230726050655f9f.png
Showers, some heavy, and thunderstorms with hail possible this morning. Showers clearing this evening to partly cloudy skies. Strong southwesterlies, gale in exposed places, gusting 90 km/h, easing through the afternoon.
High: 13℃
Low: 06℃
sunrise 07:24am
sunset 05.32pm

Auckland’s historic St James Theatre could be demolished if restoration work does not start soon, says mayor Wayne Brown
ScreenShot_20230726081307.png
https://www.nzherald.co.nz/nz/aucklands-historic-st-james-theatre-could-be-demolished-if-restoration-work-does-not-start-soon-says-mayor-wayne-brown/RBX45KI5UNBLJJ5KKM6MV7B47Y/
Auckland Mayor Wayne Brown says he will recommend demolishing the historic St James Theatre if restoration work is not under way by July next year.

The theatre is where Sir Howard Morrison first performed Whakaaria Mai - his te reo Māori version of How Great Thou Art - in 1981, and Hollywood Golden Age couple Vivien Leigh and Laurence Olivier trod its boards in the late 1940s.

The long-decaying jewel of Auckland’s theatre history in the central city received a $15 million boost from the Government on Saturday, but it came with conditions and a cut-off date from Brown to release a matching $15m grant from the council.

With structural and seismic costs running into tens of millions of dollars, pressure is on heritage enthusiast Steve Bielby’s Auckland Notable Properties Trust to rustle up the rest of the renovation costs, meet the council and Government conditions, and get work under way by the deadline of June 30 next year.
NZHerald紙
オークランド市長のウェイン・ブラウンは、来年7月までに修復工事が進まない場合、歴史あるセント・ジェームス劇場の取り壊しを勧告すると述べた。
この劇場は、1981 年にハワード モリソン卿が初めて「ファカアリア マイ」(マオリ語版「汝は偉大なり」)を初めて上演した場所であり、1940 年代後半にはハリウッド黄金期のカップル、ヴィヴィアン リーとローレンス オリヴィエがこの劇場を訪れました。
オークランド中心部にある、長らく朽ち果てていた演劇史の至宝は、土曜日に政府から1,500万ドルの補助金を受け取ったが、同額の1,500万ドルの補助金を評議会から放出するための条件とブラウンからの締め切り日が付いていた。
構造費用と耐震費用が数千万ドルに達する中、遺産愛好家スティーブ・ビールビー氏のオークランド・ノーブル・プロパティ・トラストには、残りの改修費用を捻出し、議会と政府の条件を満たし、来年6月30日の期限までに工事を開始するようプレッシャーがかかっている。
Google Translate翻訳


悪天で閉じ籠り



今日も良い日でありますように!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
にほんブログ村

| 天気 | 08:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT