fc2ブログ

Auckland Today

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2024年3月27日の万歩計は

7399歩、

3月の総歩数は114025歩、

University’s designated areas for Māori and Pasifika students ‘comparable to Ku Klux Klan’, says Winston Peters
FireShot Capture 441
Deputy Prime Minister and New Zealand First Leader Winston Peters says the University of Auckland’s action of having designated areas for Māori and Pasifika students were comparable to alt-right racist groups such as the Ku Klux Klan.

“It is phenomenal that we not only would accept this as New Zealanders, but that some people have not learnt the lessons of our world’s history of horrors with this type of thinking,” Peters said.

The Act Party is trying to shut down segregated sections in universities, an action which is being slammed by Te Pāti Māori as “damaging and inflammatory”.

“What we are seeing from the Act Party is only another attempt to misrepresent tangata whenua and paint the picture that Māori get preferential treatment. The assertion is damaging and inflammatory to their divide-and-conquer rhetoric that they have been pushing since the 2023 campaign,” a Te Pāti Māori spokesman said.
NZHerald紙
副首相兼ニュージーランド第一党指導者のウィンストン・ピーターズ氏は、マオリ族とパシフィカ族の学生にエリアを指定したオークランド大学の行為は、クー・クラックス・クランなどのオルタナ右翼人種差別主義団体に匹敵すると述べた。

「私たちがニュージーランド人としてこれを受け入れるだけでなく、一部の人々がこの種の考え方で世界の恐怖の歴史の教訓を学んでいないことは驚異的です」とピーターズ氏は語った。

アクト党は大学の隔離セクションを閉鎖しようとしているが、この行為はテ・パティ・マオリによって「有害で扇動的」であるとして非難されている。

「私たちがアクト党から見ているのは、タンガタ・フェヌアを誤って伝え、マオリ族が優遇されているという絵を描く新たな試みにすぎません。 この主張は、彼らが2023年のキャンペーン以来推進してきた分割統治のレトリックを傷つけ、扇動するものだ」とテ・パティ・マオリの広報担当者は述べた。
Google Translate翻訳


明日も良い日でありますように!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ
にほんブログ村

| 万歩計 | 23:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT